60p

秒間24コマ製作の映像に後付けテロップが重なっている場合のインタレ解除。
エンコ職人なら誰もが悩む部分です。
数秒の地震速報程度ならともかく、アニメにデジタル処理でスタッフロールを被せてたりすると本当に最悪です。

・24p化してテロップがカクカクするのを我慢する
・30p化してテロップ以外の映像がカクカクするのを我慢する
・bob化して縦解像度が半分になるのを我慢する
・二重化して残像を我慢する
・インタレを保持してファイルサイズが大きくなるのを我慢する
・縞々なんて気にしない

のどれかを受け入れるというのが定番だと思います。

どれも受け入れ難いので頭をひねって60p化してみました。
解像度を維持できて、カクカクせずに残像も残りません。
ただ、フレームレートが2倍になるのでファイルサイズは大きくなります。
60フィールドすべてに対し、選択的に2種類の動き補償インタレ解除処理を組み合わせる事で実現できました。
この後にDecimationフィルタをかけて重複フレームを破棄しながらタイムコードを吐き出せば、24p,30p,60p混合全自動VFRエンコができます。

が、問題点が3つ。
・1Passで処理できる60pVFR対応のDecimationフィルターがない
・処理が複雑で時間がかかる
・再生環境によっては正常に再生できないかもしれない

手元にある2種類のDecimationフィルターはGPLに則ってソースコードが同梱されてるんだよなー。
これ改造できるかな?

ちなみに、SD解像度時代は二重化で妥協してました。

広告
カテゴリー: コンピューターとインターネット パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中