Comic Studio 4.0 Pro

デジタルお絵描きを避けてきた事はこの前の記事で書きましたが、道具に頼りまくったらどれくらい行けるのか試そうと思いました。
で、コミスタのドキュメントを熟読して使える機能を使い倒してみようかと。

3Dモデルを配置します。手足を好きなように動かしましょう。
カメラの位置や光源も自在に変更できます。

次にラフを適当に書きます。FAVOで頑張りながらも超テキトーにw

ベクターレイヤーにベジェ曲線で線を置いていきます。
あまり拡大しなくてもベクター吸着を利用すると線を繋ぐのはそれほど大変ではありません。
曲率の変更は線をつまんで引っ張るだけ。
始点と終点の座標は変えられません。
線の太さの変更は、全体を線変更する事も出来るし、なぞった部分だけを変更することも出来て楽です。
線全体を消去、交点まで消去、一部分だけを消去の3種類の消しゴムを使い分けると作業が断然楽になります。
どうしても手描きしたい部分はペンで描いていきます。

完成したベクターレイヤーをラスターレイヤーに変換して作業を続行。
マジックワンドで領域を選択してトーンを貼ったり、ベタを塗ります。

製図終了w
レイヤー構成

とても便利な機能が満載ですが、逆の見方をすると、デジタルお絵描きの苦行を緩和するために機能を満載しないといけないんじゃないかって気がしました。

主線までアナログで描いてスキャナで取り込んだ後ベクターレイヤーに変換して作業続行が良さそう。
って思ったらラスターからベクターへの変換はEXにしか出来ない!
EX高いよ。買えないよ。
仕事じゃないしそこまでしなくてもいいんじゃね?
ってオチでよろしいですかね?

広告
カテゴリー: 趣味 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中